人生に寄り添い

心を看る

 

すべては

ありがとうのために。


~病院を退院していく患者様に、「ありがとう」と言われた。

 もっと寄り添い、もっとたくさんの事ができたのではないか。

 

 「ありがとう」というのは私だ。~

 

 

~生きていても仕方がない。といつも会う度につぶやく利用者様。

 言葉につまり「また来ます」とだけ。

 

 言葉が見つからない。そして今日も「こんちは」の後のふとした笑顔。

 

 今日も来てよかったな。きっと、ふとした笑顔が答えなのかもしれない。~

 

 

~生きることもかなわないと思われた。

 

 でも。再び話すこと、歩くことをかなえることができた。

 

 きっと本人の意思の強さ、そしてたくさんの支えた人たちがいたからだ。

 

 私に強さと勇気を教えてくれた。~

 

 

だから

今日もお客様のところへ

笑顔とともに


これから行き場のない人たち

人は一人になった時に一番大事な事に気づく

 

最後までひとりにしない

 

私たちができることを

私たちだからできることを

 

最後まであきらめない

最後まで自分らしく生きることを

私たちは支えていきたい

 

そして

私たちが支えているのではなく

生かされていることに気づき成長していく

 

終わりはない

何ができるのか

 

理想を追い求め続ける


学びの精神 チャレンジ精神

 学ぶ心を忘れず、高い目標、向上心を持ち続け努力を重ねる。

 

お客様第一主義に徹する

常に相手本位に行動する。

 

「Good」ではなく「Grate」

一人前ではなく一流を目指す。

プロとして誇り高く、あらゆる可能性、理想を追求する。

 

変化を恐れない

「今のままでいい」は、衰退のはじまり。何でも取り入れる心が

人を成長させる。自ら率先して変化の原動力となる。

 

品質・品格を高める

感性、徳性を磨き続ける。

 

GratefullCompany

もう一つの「Grate」 

一緒に働くスタッフ、お客様、社会に対し常に感謝する心を持ち、また感謝される人、企業を目指す。 

「想いをともに」 

人は毎日顔を合わせ言葉を交わす人に多大な影響を受けます。 

その人たちの作り出す空気に無意識に同化しようとするのです。

だからこそ

常に前向きに、人として正しいことを行おうと心を高め合い切磋琢磨するような人たちの中で、そして同じ価値観を共有できる人たちと働くことが一番大事なことだと思います。

どのような人たちと働きたいのか。 

 

「なりたい自分の理想に近づく」

 

たとえば、

資格を活かして、スキルを磨き続けその道のスペシャリストを目指していきたいのか。 

あるいは、管理職として、マネージメント能力を高めていきたいのか。

看護師として働く

・看護師としての経験を活かすことができる

・看護師としての意見を提案しやすい

・その方の「生活」「想い」にしっかりと寄り添うことができる

・自分で判断、応用ができる

・個人宅へのサービス、施設へのサービスなど色々な働き方を経験することができる

・健康相談から難病支援、ターミナルまで幅広く関わることができる


セラピストの醍醐味

「お客様の表情だけでなく、家の中の様子、ご家族の会話の内容などからリハビリに活かすようにしています。看護師と同じチームで働き、看護師の視点で助言してくれます。その積み重ねで、医療の知識も豊富なセラピストになれます。

主任やリーダーなど、努力次第でキャリアを積んでいけます。」


介護士として働く

・介護職員のステップアップの場として働くことができます。

・在宅サービスを通して多くの利用者や家族、ケアマネと接したい。

・一人一人の利用者と向き合ってしっかりとケアしたい。

・管理職や役職を目指して頑張りたい。